1. トップページへトップページへ
  2. クルカフェ
  3. サポカー補助金とは?仕組みを解説します。

コラム

サポカー補助金とは?仕組みを解説します。

更新日 2020.11.16(公開日 2020.11.16)

高齢者による交通事故が取り沙汰される機会が増え、対策のひとつとして、安全性の高い車の普及が求められています。その一貫として、サポカー補助金制度が開始されました。開始されて間もない制度であり、どのような制度かあまりわからない方も多いのではないでしょうか?今回は、サポカー補助金制度について、仕組みや対象者、申請方法などを詳しく解説していきます。

サポカー補助金とは?

サポカー補助金とは?

サポカー補助金は、自家用車を対象にした経済産業省の補助金制度、事業用自動車を対象にした国土交通省の補助金制度の総称です。経済産業省の補助金制度は「安全運転サポート車普及促進事業費補助金」、国土交通省の補助金制度は「安全運転サポート車普及促進に係る自動車事故対策費補助金」という正式名称があります。

対象者に対して、サポカー自動車の購入、安全装置の後付けにともなう費用を補助する制度です。高齢者の自動車事故の増加を受けて新設された制度で、安全性の高い自動車の普及を目指しています。

サポカー補助金の対象者・条件は?

サポカー補助金の対象者・条件は?

サポカー補助金の対象者は、満65歳以上の高齢者です。高齢者ドライバー自身だけでなく、令和2年度中に満65歳以上となる高齢者ドライバーを雇用する事業者も含まれます。

サポカー補助金は、すべての自動車の購入で利用できるわけではありません。

サポカー補助金の対象となる補助内容は以下の2パターンです。

  • 対歩行者衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い急発進抑制装置を搭載する車(サポカー)
  • 後付けのペダル踏み間違い急発進抑制装置

高齢者ドライバーの事故で見られる、歩行者事故や踏み間違い事故を防ぐため、対歩行者で作動する自動ブレーキとペダル踏み間違い急発進抑制装置を搭載したサポカーまたは、後付けのペダル踏み間違い急発進抑制装置などに補助金が支給されます。

各自動車メーカーの主なサポカーは以下の表で確認してみてくださいね。

自動車メーカー サポカー
トヨタ アクア、カローラスポーツ、スペイド、タンク、パッソ、ポルテ、ヤリス、ルーミー、アルファード、ヴェルファイア、ヴォクシー、エスクァイア、グランエース、シエンタ、ノア、ハイエースワゴン、カムリ、カローラ、クラウン、プリウス、プリウスPHV、MIRAI、カローラツーリング、プリウスα、C-HR、ハイラックス、ハリアー、ライズ、RAV4、RAV4PHV、ランドクルーザー、ランドクルーザープラド、スープラ、ピクシスエポック、ピクシスジョイ、ピクシストラック、ピクシスバン、ピクシスメガ、ジャパンタクシー、ハイエースバン、プロボックス
スズキ イグニス、エスクード、クロスビー、スイフト、スイフトスポーツ、ソリオ、ジムニーシエラ、ソリオバンディット、ランディ、アルト、アルトワークス、ジムニー、スぺーシア、スペーシアカスタム、ハスラー、エブリィ、ワゴンR、エブリィワゴン、スペーシアギア、ワゴンRスティングレー、ラパン、キャリィ、スーパーキャリィ、
マツダ MAZDA2、MAZDA3、MAZDA6、CX-3、FLAIR、FLAIR WAGON、FLAIR CROSSOVER、CAROL、BONGO BRAWNY VAN、BONGO VAN、BONGO TRUCK、FAMILIA VAN
ダイハツ タント、タントカスタム、タフト、ロッキー、グランマックス カーゴ、グランマックス トラック、ムーヴ、ムーヴ カスタム、ミライース、ミラトコット、ムーヴキャンバス、キャスト、ウェイク、アトレーワゴン、ハイゼットカーゴ、ハイゼットキャディー、ブーン、トール、ハイゼットトラック、アルティス、メビウス、
ホンダ レジェンド、アコード、インサイト、シビック ハッチバック、オデッセイ、フリード、ステップワゴン、CR-V、Honda e、シャトル、フィット、N-BOX、N-VAN、N-WGN、クラリティ、ヴェゼル、S660

サポカー補助金の目安

サポカー補助金の目安

サポカー補助金は、購入補助では軽自動車と中古車で金額が異なり、後付け安全装置の補助では機能によって補助金に差があります。どのような条件でどれくらいの補助金がもらえるかどうかを確認しておきましょう。

サポカー購入補助

車の種類 対歩行者の衝突被害軽減ブレーキ 対歩行者の衝突被害軽減ブレーキ
ペダル踏み間違い急発進抑制装置
登録車 6万円 10万円
軽自動車 3万円 7万円
中古車 2万円 4万円

後付けのペダル踏み間違い急発進抑制装置の購入補助

装置の内容 金額
障害物検知機能付き ペダル踏み間違い急発進抑制装置等 4万円
ペダル踏み間違い急発進抑制装置等 2万円

サポカー補助金の申請方法

サポカー補助金の申請方法

サポカー補助金を受け取るためには、サポカーの購入、安全装置の後付けをするだけでなく、申請を行う必要があります。金額の目安と同じく、サポカー購入と安全装置の後付けそれぞれで手続きが異なるので注意が必要です。

2つの補助の申請方法は以下のようになっています。

・サポカー購入補助の申請方法

  1. 補助対象車両の登録・届出
  2. 車検証の使用者による補助金交付申請書類作成
  3. 次世代自動車振興センターに郵送
  4. 審査及び補助金交付決定
  5. 補助金交付・振込

・後付けのペダル踏み間違い急発進抑制装置購入補助

  1. 認定取扱事業者の店舗等で取付
  2. 購入者は補助金相当分を控除した額を店舗等で支払い
  3. 認定取付事業者による補助金交付申請書類作成
  4. 次世代自動車振興センターに郵送
  5. 審査及び補助金交付決定
  6. 認定取扱事業者に補助金交付・振込

一般社団法人 次世代自動車振興センターの公式ページに、申請方法や対象車両など詳しい情報が掲載されているので、申請前に一度確認してみましょう。

カーリースで補助金は対象になる?

カーリースで補助金は対象になる?

サポカー補助金は、サポカーの購入、安全装置の後付けに対してだけでなく、リース会社でのサポカーのカーリースも対象になります。

カーリースでサポカー補助金を利用するためには、リース契約書の写しが必要です。リース契約書を用意して、申請方法に沿ってサポカー補助金の申請を行いましょう。

カーリースは、自動車の購入に比べて、費用をおさえられるのが特徴です。税金や保険料などの諸経費が含まれた月額費用で車を利用することができます。カーリースサービスによっては、メンテナンスサービスが含まれている場合もあり、とてもお得です。

安全性の高い車が欲しいけど購入が難しいという方は、ぜひカーリースとサポカー補助金の利用を検討してみましょう。

まとめ

今回は、サポカー補助金の対象者や申請方法、補助金額などについて解説しました。

サポカー補助金の対象者は65歳以上の高齢ドライバーで、サポカーの購入または対歩行者の衝突被害軽減ブレーキ・ペダル踏み間違い急発進抑制装置の後付けに対して補助金が交付されます。

申請方法は、一般社団法人 次世代自動車振興センターの公式ページに詳細が記載されています。サポカー補助金について詳しく理解して、サポカーの購入、カーリースでの利用を検討してみましょう。

関連コラム

条件・用途から車を選ぶ

お問い合わせ

私達にお任せください!

分かりやすく丁寧にご案内いたします!

PAGETOP